RUNRUN飲食店

  • イタリアン
  • 北海道

札幌・麻生でクラフトビールとイタリアン、焼き鳥も!?「焼き鳥&イタリアン Toriko(トリコ)」

パン

初めてでも気軽に入れる!アットホームな焼き鳥&イタリアン Toriko

食べ歩きを趣味とするグルメ通が、ココは何度通い詰めても良いと絶賛している『焼き鳥&イタリアン Toriko(トリコ)』。

「駅チカだから待ち合わせにも良い」という声があり、JR学園都市線の「新琴似駅」より徒歩3分で到着可能。

レンガを組み込んだおしゃれな店内は、調理風景がライブ感をかもし出すような空間の中、カウンター席でゆったりとお過ごしできます。

お料理は、店名に由来しているとおりの焼き鳥とイタリアンの和洋折衷で織りなすメニューに評判があり、どれも必見の逸品ばかり。

鶏料理を普段から親しんでいる方が、思わずリピーターになってしまうという焼き鳥&イタリアン Toriko自慢の串メニューは、初めて来店した際にぜひとも堪能していただきたいところ。

得意としている焼き鳥は定番の鳥もも串のほか、手ごねのつくね・やげん軟骨など、職人が丹念込めて焼き上げており、頬も落ちる串が目白押しです。

焼き鳥以外の、バルメニューで映えるメニューをお選びになりたい方は、豊富なアラカルトの方もぜひお試しください。

中でも、常連から親しまれているパスタメニューで人気を博しているのは”旨み凝縮ボロネーゼ”でしょうか。

ひき肉はゴロゴロとして旨みが染み込んでおり、味の決め手となるのは特製のボロネーゼソース。平打ち麺でもあることから、個性ある麺と味わいを求める方にはまさにうってつけです。

パスタ以外なら” ハンキングテンダー炭火グリル”もおすすめできる逸品の一つ。ハラミと同じ部位にあたるハンキングテンダーは香ばしく焼き上げられており、噛めば噛むほどに伝わるお肉の旨みがたまりません。

美味しいお肉やアラカルトを食べていると、一緒に進めたくなるのはやはり喉を潤すお酒。
焼き鳥&イタリアン Torikoでは定番のビールのほか、その日にしか味わえないレアなクラフトビールまで常時入れ替えをおこない創意工夫をしています。

常連が毎回注文したくなると口にしている銘柄は”ヒューガルデン”。こちらはベルギー産のホワイトビールで、清涼感あふれる味わいと爽やかな香りがあり色んな逸品との相性が抜群です。

ほかにも、アメリカのシカゴを代表するクラフトビールの一つ”グースアイランドIPA”という、苦味が癖になってしまうテイストのものまでそろいは万端。

クラフトビアバーが初めての方でも安心して楽しめる『焼き鳥&イタリアン Toriko』へ、ぜひ一度足を運ばれてみてください!

店名 焼き鳥&イタリアン Toriko(トリコ)

住所 〒001-0045 北海道札幌市北区麻生町5-8-10 フロンティア麻生1F
電話番号 011-788-3285
営業時間
月曜日~土曜日・祝前日
18:00~25:00(Food L.O.24:00/Drink L.O.24:30)
祝日
18:00~24:00(Food L.O.23:00/Drink L.O.23:30)
定休日 日曜日 他不定休
アクセス JR学園都市線「新琴似駅」より徒歩3分

PAGE TOP