RUNRUN飲食店

  • ビアバー
  • 東京都

門前仲町のビアバー「BIRRERIA KAPPA(ビッレリア カッパ)」。おいしいクラフトビールを楽しむならこのお店

ビール

店主とトークも弾む門前仲町「BIRRERIA KAPPA」 

富岡八幡宮があり、下町風情も今なお残る門前仲町に、世界各国のクラフトビールを楽しめるバル「BIRRERIA KAPPA」があります。東京メトロ東西線、都営地下鉄大江戸線・門前仲町駅8番出口から徒歩7分。話好きの店主に吸い寄せられるかのように、夜ごと常連さんが通い詰めるお店です。

店内は広過ぎず、かと言って手狭でもなく、ちょうどしっくりくる大きさで、カウンター16席のみが並び、まさに普段使いにふさわしいスタイルになっています。この手頃な空間だからこそ、知らない者同士でも気軽に打ち解け合い、いつの間にか、飲み仲間になってしまうのでしょう。そんな人と人をつなげるダイナミズムもこのお店の魅力の一つです。

元祖ピルスナーとして世界中で愛される「ピルスナーウルケル」や「TOKYO隅田川ブルーイング」は、このお店を代表する銘柄で、この一杯を飲むだけでビールの奥深さに思わず引き込まれてしまうほどです。この他にも日替わりで、「ペールエール」や「ケルシュスタイル」、「KAPPA特製!!大人のシャンディーガフ」などがあり、飲み比べできる楽しみ付き。常時60種類以上そろえるボトルビールでは、産地や醸造所ごとに異なるバラエティーに富んだ特徴を味わえます。

2種類のトマトであっさり仕上げた「ピクルス」などのおつまみで調子良く喉を潤した後は、イタリア全州からコレクションされた約100種類ほどのワインが待ってくれています。これに千葉産の豚肉を使った「柏幻霜ポークのソーセージ」や生クリーム入りのモッツァレラが嬉しい「ブラータチーズとフルーツトマト」などと合わせれば、とっておきの夜は早くも確定。続けざまに、古代ローマ時代から高品質を誇り、親しまれてきた白ワイン「Soave」を傾けると、いにしえの人々とも時空を超えてつながれるような、そんな至福のひとときに浸れます。〆のパスタ「浜松産舞茸とベーコンのパルミジャーノ風味スパゲッティー」で最後を飾れば、常連さんがなぜこのお店に通い詰めるのか、改めて納得。門前仲町の「BIRRERIA KAPPA」は、酒に料理に店主のトークと三拍子そろったお店です。

店名 BIRRERIA KAPPA(ビッレリア カッパ)

住所 〒135-0046 東京都江東区牡丹3-19-9 サニースクエア1F
電話番号 03-6886-1618
営業時間 18:00~2:00(L.O.フード1:00、ドリンク1:30)
定休日 日曜日
アクセス
東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町駅」2番出口から徒歩7分
東京メトロ東西線「木場駅」4b出口から徒歩8分

PAGE TOP